<   2006年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

国師岳

国師岳
…と まぁ見ていただければよく分かりますが登山時間は短く、ほぼ山頂付近まで車で行かれます。。。
無精者登山者にはもって来いってトコです^^;
f0056757_22382476.jpg

車を駐車場に入れると既にそこの高度は2400m近く、歩き出すと息が切れます。
一歩一歩を踏みしめながら歩き出します。

2400mってかなり高いんですよね。
下の道を車で走って来た時の方が数段景色が良かった様な気がします。
風が強いのでしょう 木がなぎ倒されていたりします。
幹も細く、虫が入り込んでいるせいか木肌がむけています。
土砂崩れも多く見かけられ、登山道は木で作られた階段が続いていたり…とかなり舗装されています。
湿気が多い山なのでしょうか、苔も多く湧水も流れしっとりとした空気が全体を覆っています。
高山植物・・・と言うほど花は少なく、まだ季節が早いのかな???
もう少しすると、花が咲き始めるのかもしれません。

山裾から、沸き立つ様な雲が周りを覆い下界への視界が遮られ、どんな景色なのかわかりません。
f0056757_22392470.jpg

山が重なり合った地形なので遠く見渡せればよかったのですがね~
天候はほどよく曇り空、時折太陽が顔を出します。
風はカラリとしていて肌寒いくらいで、汗をかいても流れる程にはなりません。

ようやく木立が途切れ視界が開けてきました。
「山頂みたいだよ」
苦しい呼吸も一息つけます。
「記念写真を撮ろう 並んで」
……
えっ???
f0056757_22385286.jpg

看板を見ると 『前国師岳』??? と言う事は…
あ・・・まだ道が見えています。。。。

でも まぁ看板から歩いてすぐが頂上でした。
f0056757_2239766.jpg

頂上といっても岩の重なり合った狭い場所で、お尻の座りもあまり良くなく、急ぎお昼を食べて下山。
帰りは道もいいのでトットト

帰りの途中山小屋に立ち寄りました。
行きに気が付いたのですが、山小屋の周りには薪が高く積まれていたので、冬も使っているのでしょう。
この小屋の裏手に『水』と言う文字があったのです。
中に入るとホースから水がザーザーと流れています。
自由にどうぞ…と言う事なのですが、注意書きがあります。
「2ℓ以上のお持ち帰りは有料となります」
きっとポリタンク等で持ち帰る人がいるのでしょうね。

飲んでみると
これが冷たくて甘味があっておいしいんです。
水にも味があるってつくづく感じました。

そして本日のメインイベント
はやぶさ温泉
普通のお宅の様な造りで、玄関を入って左が厨房、右側が広間になっていてお風呂から上がるとごろ寝ができる様になっています。
お風呂はこじんまりとした作りでカランが8個程。
内湯と露天があります。
お湯の温度は露天はぬるめです。
源泉を冷まして入れているらしいのですが、お湯は透明で硫黄の匂いがします。

珍しいのは、普通シャワーから出るお湯は温泉水ではないのですが、ここはシャワーも温泉、飲むこともできます。
持ち帰りもできるとの事で、ペットボトル持参のお客さんも見かけます。
飲んでみましたが、やはり硫黄の匂いは鼻につきます。
お風呂あがり、肌がつるんつるんとして気持ちがいいです。
こんなお風呂だったら毎日入りたいなぁ~と、一日を満喫してきました。
by supika_bagus | 2006-06-24 16:56 |

季節のお知らせ

f0056757_164325.jpg


あ~ こんな季節ですか。。。
by supika_bagus | 2006-06-15 16:47 |

思いついた時だけ更新のだらだら写真館と旅日記☆


by supika_bagus