<   2007年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

春爛漫

帰国した翌朝の庭

水仙が満開です。

f0056757_11432466.jpg

by supika_bagus | 2007-03-26 11:43 |

生きる!

カレントから身を守っているのか。。。
f0056757_1133698.jpg


けなげです。。。
by supika_bagus | 2007-03-23 11:33 |

里帰り

3月20日~25日  マナド旅行行程

3月20日 火曜日   19:00  成田発  シンガポール航空にてシンガポールへ

3月21日 水曜日   01:30  シンガポール着   シンガポール着
                トランジットホテル泊
               09:25  シンガポール発  
13:05  メナド着  

3月22日~23日    ダイビング

3月24日 土曜日    出発までフリータイム
               13:20  メナド発  シンガポール航空にてシンガポールへ
               17:10  シンガポール着
               23:40  シンガポール発 日本へ

3月25日 日曜日    07:05  成田空港到着    
by supika_bagus | 2007-03-20 16:43 | MANADO

出発

3月20日 火曜日 日本時間 午後4時


いよいよメナド(日本読みに統一)に行く。
7年 長いな・・・
よく戻る気になった・・・と言うよりは、気持ち的に戻らなければならなかった。

「また来年」
の挨拶を最後に、翌年テロ騒ぎで渡航規制が入り、それからしばらくインドネシアへ行く事が出来なくなり、自分自身も体調を崩した年があったり・・・こんな長い時間が過ぎてしまった。
そしてまた 旅行できる日が来ようとは思いもしなかった。

19時発の飛行機、空港のセキュリティが厳しくなったことから検査に時間がかかるので早目に空港に行くようにして下さい。
…と旅行会社から指示があったので、受付時間の30分前には成田空港に着くようにした。


第一ターミナル・南ウィング

新しく開港されてから初めて来た。
広すぎて不便な場所だ・・・使い勝手が悪い。
カウンターで受付を済ませ、身軽になってウロウロすることにした。

気がつくとお腹がすいている。
ラーメンが食べたくてお店を探し落ち着いた。
『五目ラーメン』醤油味なのだが・・・ちょい甘さが口に残ったけど、久しぶりのラーメンなので気持ちは満足。
お店を出て、お土産物売り場を歩いてみる。
外国人が喜びそうな日本のお土産が並ぶ。
kimono(ガウンですね これは・・・) 漆塗りの小物、祭り半纏、和柄のTシャツ

あ… 現地の時刻に合わせて持ち歩き用の時計 一個買おうかな。
海に持って行ったりするので、安いのを探して。。。。しかし、お店にある品はディズニーキャラ、サンリオキャラ、和風がほとんど。
仕方が無いので和風の時計を買う。

搭乗時間が近くなって来たので中に入り待つ事にした。
どうも浮かれているせいか、何か買いたくて仕様がない。

今度は「ソフトクリーム」の看板に釣られて立ち寄る・・・
ボリューム満天のソフトクリームだった。
コーンの底までアイスが詰まってた。。。。でも、甘さが控えめだったので食べきれてしまった自分にビックリ。
そしてもう一軒は、さすが日本と言えば『京都』「よーじや」 があったので「油とり紙」を購入。
乾燥しているようで結構テカルw


時刻になって飛行機は予定通り飛び立った。
窓側のシート、前には図体のデカイ外国人が体をシートに埋め込むようにして座っている・・・
いや~な予感。
ただラッキーだったのは、右隣の席が空席だったのでちょっと足を崩して座ることが出来た。
さてと しばらくは暇ZZzzzzzz
by supika_bagus | 2007-03-20 16:42 | MANADO
3月21日木曜日

シンガポール到着のアナウンスで目が覚める

到着予定時刻 現地時間の午前2:00
気温27度
天候 くもり



飛行機の窓から覗く空には、稲光が走っていますが。。。。。。。
平気なんでしょうね。。。

空港に無事到着し(着陸は非常に柔らかな着地の仕方でした)、トランジットホテルへと向かうべく急ぎ足で進む。
普通なら むわ~っとした温度と湿気が感じられるのだが、チャンギ国際空港は世界で一番寒い空港で有名な所である。
冬の服装であるいていても丁度いい。

時間が時間だからか、人が歩いていない。
トランジットホテルは・・・・・・どこにあるんでしょう。。。。。。か (汗

「分かりやすい表示が出ていますから 迷いませんよ」 と旅行会社の女の子からアドバイスを貰っていたのですが。。。。英語表示ですからね~~~

昔の記憶を掘り起こし、確か上に上がったはず。エスカレータを探してみると「看板」発見!
これで眠れる。
「ホテルの受付は日本語は一切通じません」と注意書きがあった通り、英語のみです。
でもまぁ
「チェックイン プリ~ズ」で済むでしょう。 と安易に考えフロントに向かいます。
(現段階 眠気最高潮)
受付の人から用紙を受取り、相手が示す箇所を記入すればいいらしい。
この時点で、日本語で記入できない不便さを体感。
住所…長いよ。。。
用紙を提出すると「支払いはキャッシュかカードか?」と聞かれたので 「カードで」と答え支払いも完了し、ようやく部屋に入る事が出来た。
この時点で時刻は午前2:30
明日の朝は6:00に起きようと思っているのだが。。。。。
さぁ早く寝よう!!
と意識を切り替え、シャワーを浴びる為に用意していると電話が鳴った。
 


電話に出るとフロントからなのだが、「この部屋、Ms.○○(知らない名前) なんたらかんたら・・・・」
ゴメン解らない!!!!!!!!!!!!!!
眠っている脳みそをフル活動させて、とにかくフロントに行こう。
ここは別の人の部屋だった…と言っているようだ。

フロントに行くと…

内容が全然違いました。



「旅行会社の方で支払いを済ませてあるので、料金を返却する」
が正解。

今度こそ、部屋に戻ってシャワー浴びて寝ます。
時計を確認すると午前3:00

あと

3時間



寝たと思ったら目覚ましの音でビックリして飛び起きました。
 
午前6:00  

身支度を整えてホテルを出る。
寝た気がしませんが。。。飛行機で寝よう。。。

手持ちのお金を「インドネシアルピア」に換金を済ませ、広い空港をブラブラ
お腹は空いている気もするが、食欲がない…ちと寝不足があるからかな。

帰りのトランジットが5時間待ちだったはず、お土産の下見をする為に動き出す。
バックの好きな私は、カバン中心に下調べ。
あとは会社へのお土産のお菓子。
そんなこんなで搭乗時間も近づいたので移動する。

フリーのパソコンがあったのでいじってみたが・・・・・・日本語が文字化けします^^;;
英語の世界を改めて実感。。。

携帯がネット世界への唯一の道具となりそうだ。
パケット料金がふと頭を過ぎったが、これも旅費だ! と、訳のわからない理由をつけて自分を納得する。
by supika_bagus | 2007-03-20 16:41 | MANADO

いよいよ到着

定刻通りの搭乗。

かな~り眠い。。。
席に座るとうつらうつらzzzz
その内に眠ってしまったようだ。

ふと目を覚ますと・・・・・変わらぬ景色だ。
よく眠った気がしたが、一瞬だったのか?
時計を見てみると1時間が過ぎていた。

?????

眠っていたのでアナウンスを聞き損ねたのだろう、何故停車しているかがわからない。

(帰りの便の遅延からの推測だが、天候が悪いとメナドの空港側で着陸が出来ない事があるそうで、この日も雲が厚かった事から雲が晴れるのを待っていたのかもしれない)

ノタノタと飛行機が動き出し、ようやく離陸体制。
飛行機は無事飛び立ちメナドへと飛び立った。

到着

メナドの空港は変わらず、何も無くさっぱりとしている。
降りる客もまばらで閑散とした雰囲気である。
特別荷物の検査があるわけでもなく、そのまま外へと出た。

あつ~い

入り口に群がる関係者とタクシーの運転手の中からホテルの運転手を探す。
ホテル関係者は服装でわかるのだが・・・・・・・・・・

いない。。。。。。

「タクシ?」 と声を掛けてる人に「サンティカ~」と答えつつ人垣を抜けてしまった。。。

えっっっっ いないよ ホント。。。


見渡せど車も見えず・・・・・汗



ガラガラガラガラ荷物を引きずりながら探していたら、一人のタクシー運転手が近づいてきた。
そしてまた「タクシ?」
「ノー サンティカ」と答えると、彼は「サンティカ?」と指差しながら大声で「サンティカ!」と青いワゴン車に向かって声をかけた。
すると、バタンとドアが開き人間が転び落ちるようにして出てきた。
どうやら昼寝をしていたようだ。
慌てて上着をひっかけて向かえの客の名前の入ったカードを手に持って走ってくる。

それそれ アタシ! 

多分、いつ到着するのかわからない飛行機を待っている間に昼寝しちゃえ…になってしまったのだろう。
しかしまぁよかった。。。。。。

ここから先が長い と言うか本番です。
宿泊先の『サンティカ・ホテル』は車で約1時間かかります。
道は大分舗装されてはいますが、穴の開いた箇所は修理しないのでどんどん大きくなっています。
そんな穴を避けながら車を走らせるので 時間がかかる・・・
ゴトゴト ガタガタ揺すられながら車は走ります。
by supika_bagus | 2007-03-20 16:40 | MANADO

メナド 一日目の夜

予定の一時間遅れでホテルに到着。
午後3時。

ホテルは閑散としていた。
この時間は皆出歩いているからな…
フロントでチェックインを済ませ(さすがに顧客カードは無くなっていた)部屋へと案内してもらう。
今回は「デラックス・ルーム」に泊まることにしたので3階。
3階まで階段です。。。

f0056757_22504165.jpg

(ホテル・サンティカ)

f0056757_22513683.jpg

(泊まった部屋)

タラサダイブセンターからの手紙で、「明日の朝の7時30分にいらして下さい」と書いてあったので、今晩はやる事がありません。

f0056757_22523059.jpg

(部屋から見える風景)

午後4時

暇~ 

…じゃないパッキングしなくちゃ!

荷物を開けてダイビング機材のチェックをしなければいけません。
ゴソゴソとメッシュバックに機材を移し変え、ログブック、日焼け止めその他諸々 準備する事が沢山ありました^^;

荷物をまとめてみると…重量にして10kgはあると思います。。。
明日の朝、この荷物をどっこいしょっ と担いで約10分の道のりを歩いていかなければなりません。
次回はせめて2階止まりにしよう。。。

時間は夜の7時。
外は真っ暗です。

お腹が空いたのでレストランに出かけると、泊り客が少ないせいでしょうか、バイキングじゃない。。。
やばい。。。メニューチョイス苦手。。。

先ず第一に 英語が読ませんw
第二に意味を理解できません・・・

メニューをニッコリ渡されて
「ドリンク?」
半分上の空で「ビンタン・スモール」。。。。
無意識にビールを頼んでいる私。。。

さぁ~て メニューに書いてあるのは
サラダ
ステーキ
サンドイッチ
スパゲティ
ここまでは解った!
どんな味付けなのか・・・・・・サッパリ。。。
しかし、一番安全圏を考えて頼んだのが『スパゲティ』。
ステーキはどんなデカイのが来るかわかりませんし… サンドイッチじゃお腹空きそうだし。

「スパゲティ プリ~ズ」
「ボロネーゼ?」
「イエス (なんでもいい人) & アイスクリーム プリーズ」
どんな場所でも、デザートだけは忘れません!

人のいないレストラン。。。皆外に食べに行っているんでしょうね。
ビンタンビールは軽い味です。
小瓶だから飲み終わっちゃった・・・

それ程待たずして テーブルに現れた『スパゲティ』
見た目 問題なし。

・・・・・・・?

よ~く見ると、ひき肉炒めは見えますが、ソースが。。。。。あれ???
トマトソースがありませんがwww

スパゲティもよぉ~~く茹っています。
ちょっと「細めのうどん」状態。
その上にひき肉炒めの和風味(味付けは不味くない)
イタリア人が居たら激怒しそうです^^;
でも、「和風すぱげてぃ」とおもうと結構おいしいです♪

さて…アイスクリームどんなものが出てくるのでしょうか。。。。
不安と期待でワクワクドキドキ♪

テーブルに置かれたデザートはOK!!!
三食アイスでした^^

バニラ、ストロベリー、チョコ よくあるパターンです。
味は・・・ラクトアイス?
乳脂肪分が少ないのでサッパリしてます。
なので、量が多くても食べきれました。

いや~よく食べました!


時差は-1時間。
日本では夜の10時。
移動の長い旅でしたので、眠いです。
明日朝は忙しいのでたっぷり眠ることにします。


ケケケケケッ

夜になるとうるさいゲコ・・・
部屋の何処かで鳴いています。

さてさて 明日はいよいよ海本番
by supika_bagus | 2007-03-20 16:39 | MANADO

一年半振りの海

3月22日

朝は パタパタ!
レストランの朝食が始まるのが7時から
ショップに7時30分
超忙しいです!!!!!

朝食もそこそこに、ずっしりと重いメッシュバックを担いで・・・・・
気持ちは急いでいても足が進まない~~~

f0056757_2254018.jpg


ヨタヨタとダイビングショップに近づくと
「オハヨー」と声が聞こえます。
植木の陰から見えたのはウェディ
おぉーーーー 懐かしくて「おはよ~ ウェディ~」と返す私。

店の入り口でウェデイが待っていてくれて
「エリ~!」と呼んでくれます。
懐かしくってウェディとハグ!
エリさんが現れ 「お知り合いなんですか?」と質問。
そりゃ~も~ 古い友人です。
そんなやり取りをしているとプヨプヨに太ったマンが出てきた。
ヤコブの姿も見えた。

皆変わらないね~
ウェディが「ゲストに名前があったから 待ってた」とニコニコ うれしいね~

天気は曇天。
長い桟橋は相変わらずでぽてぽてと歩いていく。
7年・・・その長さを感じさせるのは、うっそうと生い茂ったマングローブの木々。
帰って来たんだなぁ~
しみじみと思った。

f0056757_2254279.jpg


船の数は結構増えていて、新しくて大きい船が多い。
スキッパーは知らない人。
スタッフもかなり増えている。
総勢50名だとか。。。
シモネ 人を増やしすぎだよ。。。

新しいポイントが出来たとか、メナドのショッピングモール前のポイントでマクロ派にはお勧めらしい。
アメリカ人のカップルと、一人旅のアメリカ人男性と一緒に潜る。

記念すべき一本目
ポートからのバックロールエントリー
マスクが外れないように手で押さえて、レギをくわえて・・・よし!
海へと飛び込んだ

上手くいった

と思ったが。。。。
くわえていたレギってセカンドだったのね。。。。

潜行する時にメインのレギを背中に背負っていてエリさんに探してもらった。。。(恥

取り合えず潜行は耳抜きに苦労することもなく出来た。
水温計は28度と表示されている。
白い砂地が一面に広がり、なだらかな砂地は沖に向かって傾斜している。
暖かい~

チマチマとした小物をエリさんが見つけてくれる度に、カンカン…とタンクを叩く音がする。

あ~ 海の中なんだなぁ
ブクブクと泡を吐きながら実感。。。

f0056757_22553049.jpg

カレント(潮の流れ)から身を守るようにして泳いでいたフグの赤ちゃん。
(写真の羽の形のようなソフトコラルの大きさは手のひらサイズ)

お昼ごはんはショップに戻って食べることになっているらしい。
以前は上陸できたブナケン島も 今では上陸の許可が出ないとか… 色々と状況は変わっていた。
いきなり土砂降りの雨!
流石に体が冷える。
ご飯を食べながら空を見上げても雲は厚い。

私を除いた全てのゲストは次の予定をキャンセルした。
まぁ彼らはこの先数日はここに滞在するから、一日二日潜らなくてもどうって事はないしね。。。

お昼ごはんを食べながらエリさんが「夜は町で夕飯を食べましょう」と提案してくれました。

さっきまでのザーザー降りの雨は小降りになり、空も明るくなってきた気がする(贔屓目
ゲストは私一人。
たった一人でも船は出ます。
なんて贅沢なんでしょう♪
船に乗って待っているとジョディの姿が見えた。
「ジョディ!」声をかけるとポカンとした顔でしばし動きが止まる。
握手して挨拶を交わす。
さすがに大人っぽくなっている。
以前会ったのは22歳位だったかな??
今では女の子二人のお父さん。
なかなかハンサムさんです。
性格は。。。まぁそれなりにw

そして再び海へ

f0056757_2321933.jpg

(セジロクマノミ クマノミの仲間の中でも一番オレンジが鮮やかな種類)

f0056757_2332641.jpg

(ウミウシの仲間  大きさは2cmほど。ウミウシは種類も多く色も様々で写真の被写体としてはもって来い!…なので人気があります)

f0056757_2354670.jpg

(狭い穴の中で何の為か…グルリと一回転していたカメさん。最初は頭か左側にあったのがモゾモゾ動いてその場で反転。体が大きくて穴に入れず。。。)
by supika_bagus | 2007-03-20 16:38 | MANADO

メナドの街の夜

街までの足は、スタッフの一人が運転手をしてくれる…と言うので、一人20万ルピアでお願いしました。(日本円で約2,800円)

先ずは一軒目、敷地面積は広い建物です。
1階がスーパー、上の階は衣料品等の生活雑貨のお店があります。
人は多いですが、買い物をしている…と言うよりは、ブラブラしている風景です。
続いては 最近人気の『メガ・モール』と言うショッピングセンター街。
メインの建物は日本で言う百貨店?的な品物の売り方をしている感じで 建物の建て方は日本のゲームセンターみたいな感じ…と言うのか、天井を見上げると「青空に白い雲」とちょっとかわいらしい建物です。
概観もピンク系でアミューズメント・センターみたい。

ここも買い物に来る…と言うよりは、遊び場?
なぜなら売っている物は、現地の人間にとってはかなり高価な品がほとんどで買う人は希らしい。
その中で一番混雑している売り場は「携帯電話」の売り場。
明らかに10代と見える年齢層の子もいる。
メナドでは最新機種の携帯電話を持つ事がのおしゃれだそうで、電話はかけなくても持っているとか。。。
一種のアクセサリーですね。

お店をグルリと一回りして…時間は午後8時、お腹が空きました。

「エリさんご飯にしません?」と言うと、「この中にありますから」と場所を移動。
ファーストフード系のお店がありました。
ここは、ヌードル・スープ(日本のラーメン)のチェーン店としてはインドネシアで結構人気のあるお店だそうです。

頼んだのは、ワンタンの乗ったヌードル・スープ。
食べてみると・・・
麺はカップヌードルの麺そのもの。
スープは・・・・・何の味付けでしょう???

まさか。。。味の素王国と言われるインドネシア、「味の素スープ」?
サッパリとした味付けで、細かいエビの乾燥したのが見えます。
1,200ルピア (約18円) おいしかったです。
メナドの料理って、味付けそのものに「くせ」が無いんですよね~
味付けは唐辛子で作った調味料を自分で加えて味付けするのが基本です。

デザートは「カキ氷」。
『エス』(インドネシア語で「氷」の意味)
ココナッツミルクのジュースにアボガドとジャックフルーツ、ココナッツの果肉を削ったもの、そしてちょっと荒めのカキ氷。
こちらの味付けは 甘いです。

辛い料理の国は、デザート、飲み物類は甘い味付けのものが多いような気がします。

往復4時間の夜のお散歩。
運転手さん お付き合いありがと~
車はトヨタのランドクルーザーかな? 大型の新車でした。
運転している彼は小柄だから、運転席に体が沈みこんでいましたw
by supika_bagus | 2007-03-20 16:37 | MANADO

お友達の家へ

3月4日
もう明日は帰る日です。。。。。。。

今朝はいい天気です。
このまま一日もってもらいたいな~

本日もゲストは私を除いて2名 平和です。


そして 決まってお昼になると雨です。。。
それもまた容赦のない降り方で、雷も。。。。やめて~!!!

そして キャンセルしていくゲスト達。。。


私も根性の火が消え掛かり・・・
エリさんの顔をチラッと眺めていると
「次 潜りますよね」
と力強く「念」を押されました。
「勿論 潜りますよ」…勢いに負けました。
まぁ部屋に戻ってもやる事がないし、どうせ濡れるんだし。。。

雨が止むのを祈りつつ、テーブルにあったビスケットをもぐもぐ
その時、誰かがわき腹をくすぐりました。
声に出せない悲鳴と共に振り返ってみるとノヴァが立っています。

当初の目的の一人。
会えずに日本に帰るのかと思っていたら 会えました!

そしてうれしいことに
「夜のご飯は うちに来て 食べる ね」 と日本語で^^
ただし、ノヴァの家に行く足が。。。
エリさんが「晴れたら 自分のバイク出しますが、雨だと行かれません」 と言うので、二人で「晴れろ~」と祈ります。

ノヴァ はメナドに初めて来た時にお友達になった女の子。
理想が高くてなかなか結婚しなかった彼女が赤ちゃんを産んだ…との事。
おめでと~♪

雨の中のダイビングを震えながら終え…
夜になって雨が上がりました。
エリさんの原付にまたがり(二人乗りが初めてな私w) 口で言えばほんの数分のガタゴト道を、道にあいた穴を避けながら(エルさんの感w)
「平気? 見える?」と聞く私に、
「大丈夫ですよ~ 大体この辺りって覚えていますからw」
ノヴァのお家は山の上にありました。
「あそこがそうです」
急斜面をバイクがフルパワーで駆け上がり。。。。。。。。ません^^;
急斜面に二人乗りは無理でした。。。
バイクを引きずりながら家へと向かいます。

真っ白な三階建ての家です。
大きな玄関の扉を開くと真っ白の石の床、らせん状の階段が入り口のすぐ横にあります。
吹き抜けの天井が大きな部屋をより広く見せます。
オープンな造りの部屋は、リビング、ダイニングと玄関から全部見渡せます。
キッチンもダイニングから見通しの利く造りになっています。

「予定がもっと早くわかっていたら 魚を買っておいたのに」
と、言ってます エリさんが通訳してくれて^^;

マグロの大きいのが手に入るそうです。
朝 漁に出て釣った魚を昼に売る。
なんて新鮮w
これも小さな船で漁をする人から買い上げないと 新鮮ではない。
大きな船は氷を積んでいるので、釣った魚を氷漬けにして運びます。
これは新鮮ではない…と言うのです。

なるほど~

夕食は メナド風おかゆ …> ご飯を野菜と卵を入れて煮ます。 味付けはココナッミルクを主にして、後は何の味だろう~  おいしいです。
 …> マグロを揚げたもの。 ただし、物凄く堅い!  カリカリ…と言うか 何でこんなに堅くなるんだろう???と聞いたら「揚げたのよ」と言われたのですが。。。堅い
こういう食事をしているから、皆『歯』が丈夫なのね…と納得。

アゴが疲れました^^;

メナドの料理の味付けって、癖が無いのでいくらでも食べられます。
自分の好みで適当に醤油をかけたり、辛味を加えたり…と色々アレンジして食べます。
魚など揚げて食べるものが多いけど、油が何を使っているのか…ペタペタしていなくてサラッとしています。

食事をしてていると、赤ちゃんの鳴き声が。。。
ノヴァの坊やでした。
クリリンとした大きな二重の瞳、天然ウェーブのこげ茶色の髪の毛 まるでお人形さんのようにかわいらしい^^
パパはオランダ人。

メナドは第二次世界大戦中オランダの統治の時代があった為に、インドネシアの中では混血が多く『メナド美人』と言う言葉がある程です。
しかし…女性の気性は。。。。激しいですね^^;
男性陣 大人しいです^^;

夕食が済んで、「上でTVでも見ましょう」とカップを持って階段を上がって。。。
部屋は天井まであるガラス窓、「ここからは朝日が見られる、反対の窓は夕日が…」 なんと言う豪華な^^;
壁はコンクリート造りなので、ひんやりとしていて涼しい造りです。

大きなTVの両脇にど~んとスピーカーが置いてあります。
真っ黒なソファーに真っ赤なクッション。
一人一人がソファーに足を投げ出して座っても充分寝そべれます。
もう・・・ね 贅沢この上ない造りですよ^^;
ゴロンと寝そべってTVで『ニモ』を見ていると…突然停電です。

…が 珍しくない事みたいです。

そして・・・いつ復旧するかはまったく分からないとのこと^^;
さすがアジアン♪

扇風機が止まっても山の上にあるこの家は窓からいい風が入ってきます。
ますます眠い。。。
街全体が停電しているので外は真っ暗です。
何する訳でもなく ゴロンゴロン
日本では考えられない「無駄」な時間の過ごし方です。
いや~ いい時間です。
最高!!

夜も更けて…と言っても21時ですが、停電なので深夜に感じます。
そろそろお暇を。。。と外に出ると、まっくらw
バイクの場所さえ手探りです。
また、エリさんの後ろ座ってトコトコ バイクで送ってもらいます。

お腹一杯 そして、心もまったりな一日でした。
by supika_bagus | 2007-03-20 16:35 | MANADO

思いついた時だけ更新のだらだら写真館と旅日記☆


by supika_bagus