シンガポール・チャンギ空港

3月21日木曜日

シンガポール到着のアナウンスで目が覚める

到着予定時刻 現地時間の午前2:00
気温27度
天候 くもり



飛行機の窓から覗く空には、稲光が走っていますが。。。。。。。
平気なんでしょうね。。。

空港に無事到着し(着陸は非常に柔らかな着地の仕方でした)、トランジットホテルへと向かうべく急ぎ足で進む。
普通なら むわ~っとした温度と湿気が感じられるのだが、チャンギ国際空港は世界で一番寒い空港で有名な所である。
冬の服装であるいていても丁度いい。

時間が時間だからか、人が歩いていない。
トランジットホテルは・・・・・・どこにあるんでしょう。。。。。。か (汗

「分かりやすい表示が出ていますから 迷いませんよ」 と旅行会社の女の子からアドバイスを貰っていたのですが。。。。英語表示ですからね~~~

昔の記憶を掘り起こし、確か上に上がったはず。エスカレータを探してみると「看板」発見!
これで眠れる。
「ホテルの受付は日本語は一切通じません」と注意書きがあった通り、英語のみです。
でもまぁ
「チェックイン プリ~ズ」で済むでしょう。 と安易に考えフロントに向かいます。
(現段階 眠気最高潮)
受付の人から用紙を受取り、相手が示す箇所を記入すればいいらしい。
この時点で、日本語で記入できない不便さを体感。
住所…長いよ。。。
用紙を提出すると「支払いはキャッシュかカードか?」と聞かれたので 「カードで」と答え支払いも完了し、ようやく部屋に入る事が出来た。
この時点で時刻は午前2:30
明日の朝は6:00に起きようと思っているのだが。。。。。
さぁ早く寝よう!!
と意識を切り替え、シャワーを浴びる為に用意していると電話が鳴った。
 


電話に出るとフロントからなのだが、「この部屋、Ms.○○(知らない名前) なんたらかんたら・・・・」
ゴメン解らない!!!!!!!!!!!!!!
眠っている脳みそをフル活動させて、とにかくフロントに行こう。
ここは別の人の部屋だった…と言っているようだ。

フロントに行くと…

内容が全然違いました。



「旅行会社の方で支払いを済ませてあるので、料金を返却する」
が正解。

今度こそ、部屋に戻ってシャワー浴びて寝ます。
時計を確認すると午前3:00

あと

3時間



寝たと思ったら目覚ましの音でビックリして飛び起きました。
 
午前6:00  

身支度を整えてホテルを出る。
寝た気がしませんが。。。飛行機で寝よう。。。

手持ちのお金を「インドネシアルピア」に換金を済ませ、広い空港をブラブラ
お腹は空いている気もするが、食欲がない…ちと寝不足があるからかな。

帰りのトランジットが5時間待ちだったはず、お土産の下見をする為に動き出す。
バックの好きな私は、カバン中心に下調べ。
あとは会社へのお土産のお菓子。
そんなこんなで搭乗時間も近づいたので移動する。

フリーのパソコンがあったのでいじってみたが・・・・・・日本語が文字化けします^^;;
英語の世界を改めて実感。。。

携帯がネット世界への唯一の道具となりそうだ。
パケット料金がふと頭を過ぎったが、これも旅費だ! と、訳のわからない理由をつけて自分を納得する。
by supika_bagus | 2007-03-20 16:41 | MANADO

思いついた時だけ更新のだらだら写真館と旅日記☆


by supika_bagus