一年半振りの海

3月22日

朝は パタパタ!
レストランの朝食が始まるのが7時から
ショップに7時30分
超忙しいです!!!!!

朝食もそこそこに、ずっしりと重いメッシュバックを担いで・・・・・
気持ちは急いでいても足が進まない~~~

f0056757_2254018.jpg


ヨタヨタとダイビングショップに近づくと
「オハヨー」と声が聞こえます。
植木の陰から見えたのはウェディ
おぉーーーー 懐かしくて「おはよ~ ウェディ~」と返す私。

店の入り口でウェデイが待っていてくれて
「エリ~!」と呼んでくれます。
懐かしくってウェディとハグ!
エリさんが現れ 「お知り合いなんですか?」と質問。
そりゃ~も~ 古い友人です。
そんなやり取りをしているとプヨプヨに太ったマンが出てきた。
ヤコブの姿も見えた。

皆変わらないね~
ウェディが「ゲストに名前があったから 待ってた」とニコニコ うれしいね~

天気は曇天。
長い桟橋は相変わらずでぽてぽてと歩いていく。
7年・・・その長さを感じさせるのは、うっそうと生い茂ったマングローブの木々。
帰って来たんだなぁ~
しみじみと思った。

f0056757_2254279.jpg


船の数は結構増えていて、新しくて大きい船が多い。
スキッパーは知らない人。
スタッフもかなり増えている。
総勢50名だとか。。。
シモネ 人を増やしすぎだよ。。。

新しいポイントが出来たとか、メナドのショッピングモール前のポイントでマクロ派にはお勧めらしい。
アメリカ人のカップルと、一人旅のアメリカ人男性と一緒に潜る。

記念すべき一本目
ポートからのバックロールエントリー
マスクが外れないように手で押さえて、レギをくわえて・・・よし!
海へと飛び込んだ

上手くいった

と思ったが。。。。
くわえていたレギってセカンドだったのね。。。。

潜行する時にメインのレギを背中に背負っていてエリさんに探してもらった。。。(恥

取り合えず潜行は耳抜きに苦労することもなく出来た。
水温計は28度と表示されている。
白い砂地が一面に広がり、なだらかな砂地は沖に向かって傾斜している。
暖かい~

チマチマとした小物をエリさんが見つけてくれる度に、カンカン…とタンクを叩く音がする。

あ~ 海の中なんだなぁ
ブクブクと泡を吐きながら実感。。。

f0056757_22553049.jpg

カレント(潮の流れ)から身を守るようにして泳いでいたフグの赤ちゃん。
(写真の羽の形のようなソフトコラルの大きさは手のひらサイズ)

お昼ごはんはショップに戻って食べることになっているらしい。
以前は上陸できたブナケン島も 今では上陸の許可が出ないとか… 色々と状況は変わっていた。
いきなり土砂降りの雨!
流石に体が冷える。
ご飯を食べながら空を見上げても雲は厚い。

私を除いた全てのゲストは次の予定をキャンセルした。
まぁ彼らはこの先数日はここに滞在するから、一日二日潜らなくてもどうって事はないしね。。。

お昼ごはんを食べながらエリさんが「夜は町で夕飯を食べましょう」と提案してくれました。

さっきまでのザーザー降りの雨は小降りになり、空も明るくなってきた気がする(贔屓目
ゲストは私一人。
たった一人でも船は出ます。
なんて贅沢なんでしょう♪
船に乗って待っているとジョディの姿が見えた。
「ジョディ!」声をかけるとポカンとした顔でしばし動きが止まる。
握手して挨拶を交わす。
さすがに大人っぽくなっている。
以前会ったのは22歳位だったかな??
今では女の子二人のお父さん。
なかなかハンサムさんです。
性格は。。。まぁそれなりにw

そして再び海へ

f0056757_2321933.jpg

(セジロクマノミ クマノミの仲間の中でも一番オレンジが鮮やかな種類)

f0056757_2332641.jpg

(ウミウシの仲間  大きさは2cmほど。ウミウシは種類も多く色も様々で写真の被写体としてはもって来い!…なので人気があります)

f0056757_2354670.jpg

(狭い穴の中で何の為か…グルリと一回転していたカメさん。最初は頭か左側にあったのがモゾモゾ動いてその場で反転。体が大きくて穴に入れず。。。)
by supika_bagus | 2007-03-20 16:38 | MANADO

思いついた時だけ更新のだらだら写真館と旅日記☆


by supika_bagus