11月25日 木曜日

寒いと思っていたが… 日本の気候よりは温暖のようだ。
コートもほとんどバスにおいたまま。

いよいよマルタ観光の始まりである。

先ずは世界遺産でもあるヴァレッタ市内の観光。

マルタの首都ヴァレッタ。
島そのものが要塞の造りをしているマルタ島。
見張りの塔、要塞がいたるところに点在している。
戦争の被害を逃れ古くからの建物がそのままに残っている眺めは、まるで映画の撮影現場にでも迷い込んでしまった様な錯覚をおこす。



キャッチフレーズそのままに、太古の遺跡が残っている。
それも、時代がとてちもなく古い・・・

日本で言うと日本書紀を連想させます。。。

ハガールキム遺跡
紀元前2600年頃の建造物と言われ、マルタのヴィーナスとも言われる女神像が出土された遺跡である。

パッと見て……何が何やら見当も付きません。
ガイドの案内でようやく納得。
f0056757_13504360.jpg

大抵の場合、やはり生命を生み出す力を持った女性が神さまとなって信仰される事が多いように思われます。
f0056757_13514672.jpg

奥の方に見える「穴」が神様との交信の窓。
この穴の前に巫女が座って、神様からの言葉を民にと伝えた…と言われています。

ひたすら神からの言葉を待つ・・・
奥ゆかしい時代だったのですね。

そして名物
『青の洞門』(ブルーグロット)
風が強いと船が出ないらしく、午前中は観光が中止になっていた様子。
 
と 言う事は、海のが時化でいるのか??
水面が近い漁船で船が揺れる…と言う状況はちょっと勘弁願いたい^^;

案の定、船はグラグラと揺れました。
安定しない船上からの写真は無理w
確かに、海の色が驚く程にあざやかなブルーだった。
これで天気がよければもっと透明度を伴い 青い青い色だったに違いない。
f0056757_16125625.jpg


船から降り、近くの土産物屋を散策。
ここはレース製品が有名な土地で、細やかな柄のレースが売っていた。

漁村…なのだが、日本の漁村と違って見た目が明るく感じる。
船の色にしてもカラフルなものが多い。
f0056757_1616063.jpg


港沿いに露店が何件か並んでいたが、ハチミツで作ったクリーム、オリーブオイル類が一番多く売っていた気がする。
by supika_bagus | 2004-11-24 13:07 | マルタ共和国

思いついた時だけ更新のだらだら写真館と旅日記☆


by supika_bagus